「落日」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|湊かなえ

「落日」

【ネタバレ有り】落日 のあらすじを起承転結でネタバレ解説!

著者:湊かなえ 2019年9月に角川春樹事務所から出版

スポンサーリンク

落日の主要登場人物

甲斐 真尋(かい まひろ)
脚本家・大畠凛子の事務所で働く新人脚本家。ペンネームは甲斐千尋。

長谷部 香(はせべ かおり)
業界内でも評判の映画監督。「笹塚町一家殺害事件」に興味を持っている。

立石 沙良(たていし さら)
「笹塚町一家殺人事件」の被害者。

立石 力輝斗(たていし りきと)
「笹塚町一家殺害事件」の犯人。死刑判決を受けている。

甲斐 千穂(かい ちほ)
真尋の姉。ピアニストとして世界中を駆け回っている。

落日 の見どころ!

・十五年前の事件にまつわる真実

・一見無関係に見える登場人物同士の繋がり

・主人公の忘れがたい過去との決別

落日 の簡単なあらすじ

新人脚本家の真尋は、映画監督の長谷部香から新作についての相談を受けます。

その内容は、十五年前に真尋の故郷で起きた「笹塚町一家殺害事件」をテーマにした作品を手掛けたいというものでした。

判決も既に出ていて、話題になることもなくなったこの事件を今更どうして掘り返したいのかと真尋は訝りますが、監督の期待に添えるように調査を始めるうちに、隠されていた真実に突き当たります。

落日 の起承転結

【起】落日 のあらすじ①

久しぶりの長編ミステリーということもあり、新刊情報を入手した時から読みたいと思っていました。

帯に「湊かなえの新たなる代表作」と書かれていたので、とても期待は大きかったです。

代表作「告白」や「少女」にもあるように、湊かなえのミステリー作品は、ある事件を解決するだけではなく、関係者の心情や隠されていた背景を暴く点が持ち味です。

本作も一旦は解決を迎えた事件がテーマになっているということで、どんな新しい真実でワクワクさせてくれるのだろうと思いました。

埋もれていた事件

[ad]

【承】落日 のあらすじ②

新人脚本家の真尋はある日、新進気鋭の有名映画監督の長谷部香から会いたいとの連絡を受けます。

脚本もこなす監督がなぜ無名の真尋に声をかけたのだろうと訝りながらも面会すると、監督は真尋のことを、真尋の姉の千穂と勘違いして連絡を取ったことが発覚します。

監督と千穂は同じ笹塚町の幼稚園に通っていました。

その後監督は引っ越してしまうのですが、その後笹塚町で起きた殺人事件に興味を持ち、千穂に当時のことを聞こうと声をかけたのでした。

「笹塚町一家殺害事件」とは、十五年前のクリスマスイブに、高校三年生の立石沙良を引きこもりの兄、力輝斗が刺殺した後、両親が寝ている家に火をつけたというものです。

誤解が解けた監督は、改めて真尋に事件のことを聞き出そうとしますが、真尋は監督に「笹塚町一家殺害事件」はもう風化してしまったもので、改めて映画化してまで事件の詳細を知りたいと思っている人はいないと話し、二人は別れます。

真尋は監督との仕事のチャンスを失ってしまったと後悔します。

その後、真尋は法事で実家に帰った際に、従弟の正隆に監督から「笹塚町一家殺害事件」の映画化の打診があったことを話すと、正隆は高校時代の同級生イツカを紹介してくれました。

イツカは事件の被害者である沙良の中学時代の元親友でした。

イツカは沙良には虚言癖があったという話をし、中学時代のエピソードについて語ってくれました。

沙良は成績優秀でスポーツも万能な森下という同級生と付き合っていましたが、森下には嘘の身の上話をした上に森下の友人とも恋愛関係を結んでいました。

すべてを知った森下はノイローゼ状態に陥ります。

沙良の嘘を見抜けなかったイツカは沙良のことを守ろうとしますが、沙良と一緒にいるときに事故に遭い、足に後遺症を残してしまいます。

イツカの話を聞いた真尋は、沙良が殺された事件には何か隠されたものがあるかもしれないと感じ、再び監督に連絡を取ります。

監督の過去

【転】落日 のあらすじ③

映画監督の長谷部香は、ヒステリックな母親に育てられました。

幼稚園時代、母親は香が学習ドリルの正答率が七割を下回ると香をマンションのベランダに放置しました。

きっかり一時間で出してくれるので大問題にはなりませんでしたが、幼い香にはそれがショックでした。

ある寒い日、香がベランダに出されていると、隣のベランダとの仕切り板の下に子どもの手を見つけました。

隣にも、自分のように外に出された子どもがいると思うと嬉しくて、香は仕切り板をタップして自分の存在を知らせます。

隣の子どももそれに気づき、二人はモールス信号のように板をタップしたり、地面に指で絵を描いたり交流を図るようになりました。

ある日、香が母親と買い物に行くと、隣人の親子と出会います。

香は顔を知らなかった隣の子どもが立石沙良という可愛らしい女の子であることを知ります。

沙良ともっと仲良くなりたいと願う香でしたが、その願いは叶いませんでした。

香の父親が映画を見に行った帰りに自殺をしたのです。

香は母親の実家を経て、祖父母の家で暮らすようになりました。

沙良のことをめったに思い出しませんでしたが、後に自分の幼少期を支えてくれた沙良が殺されたという「笹塚町一家殺害事件」の存在を知り、ショックを受けます。

どうして沙良は殺されなければいけなかったのか。

これが、映画監督長谷部香の原動力でした。

過去との決別

[ad]

【結】落日 のあらすじ④

正隆やイツカの協力も得て「笹塚町一家殺害事件」の真相を調べ始めた真尋は、立石家の近所の住人はほとんど力輝斗の存在を知らなかったことを突き止めます。

立石家の夫婦はいつも沙良だけを連れて歩いていたのです。

この事実から、ベランダに出されていたのは沙良ではなく力輝斗ではないかという疑問を持ちます。

監督がベランダに出されていたとき、隣のベランダは仕切り板に阻まれて顔は見えない状態でした。

ベランダに放置されていた力輝斗はやせ細っていた可能性があります。

監督はその手だけを見て、女の子の沙良だと勘違いしたのではないかと真尋は指摘しますが、監督はなかなかそれを認めようとはしませんでした。

真尋は事件を調査するうちに、真尋自身の過去とも決別すべき時が近づいていることを感じていました。

真尋の姉、千穂は高校生のときに自転車の事故で死にました。

しかし、真尋の家族はそれを受け入れた上で、「千穂はピアニストになって世界中を飛び回っている」という設定で生活をしていました。

真尋はこの事実をきちんと受け止め、きちんと姉を弔おうと決意します。

ある日、死後そのままになっている姉の部屋を片付けようとしたとき、姉の中学時代の日記を見つけます。

そこには、真尋が知らなかった姉の恋が綴られていました。

姉はピアニストを目指していましたが、スランプに悩まされていました。

姉はスランプに陥った際、苦手なものを克服すればピアノのスランプも乗り越えられるというジンクスを持っていました。

そのため、姉は今までできなかった逆上がりの練習を始めます。

その練習を見守ってアドバイスをくれた青年がいました。

その青年こそが、力輝斗だったのです。

姉の日記に登場する力輝斗は、殺人犯のイメージとはかけ離れた、優しい青年でした。

真尋は、姉が音楽科のある高校へ進学せずに、力輝斗が中退した高校に入りたがっていたことを思い出し、姉の恋が本物だったことを知るのです。

真相

落日 を読んだ読書感想

真尋は姉と力輝斗がやりとりをしていた手紙の束も発見します。

姉はピアノを続けるべきかどうか真剣に悩んでいて、それを力輝斗に相談していました。

その後、真尋は沙良の高校時代の同級生に話を聞き、姉と沙良が同級生であったこと、そして二人が親密であったことを知ります。

真尋は今まで、「笹塚町一家殺害事件」と姉の事故とは切り離して考えていましたが、もしかすると、姉の事故死には沙良が関わっているのではないかと考え始めます。

姉はピアノ教室へ自転車で向かう途中に車と衝突して死にました。

しかし、その道はピアノ教室だけでなく、沙良の家にも向かう道でもあったのです。

ここからは真尋が描く真実が語られます。

親密になった力輝斗と千穂のことを良く思わない人物がいました。

力輝斗の妹の沙良です。

沙良はアイドルを目指していましたが、自分よりも顔の良い兄のことをやっかんでいました。

ある日、千穂と力輝斗との文通を発見した沙良は、兄をいじめる口実ができたと喜びます。

千穂が自分と同じ高校に通っていることを知った沙良は、千穂に近づきます。

力輝斗と仲が悪いはずの沙良がどうして自分に近づいてきたのだろうと千穂は不思議に思いつつも二人は連絡先を交換します。

そして後日、沙良は千穂に「兄が自殺未遂をしたから家に来てほしい」と嘘の連絡をし、千穂を呼び出します。

焦った千穂はその道中で事故にあったのです。

沙良はそれを見て見ぬふりをし、逃げ帰りました。

「笹塚町一家殺害事件」が起きたのはそのあとです。

アイドルのオーディションの不合格の通知を受け撮った沙良はむしゃくしゃして兄に詰め寄ります。

そこで兄にむかって千穂を殺したのは自分だと言い放ったのです。

沙良は嘘が得意でした。

それを信じた力輝斗は激高して沙良を殺します。

そのあとはパニックになったまま力輝斗は自宅に火を放ちました。

力輝斗は両親は外出中だと思っていました。

しかし、両親は帰宅して就寝中だったのです。

真尋はこの殺人事件は姉の物語だと確信し、脚本を書き進めます。

この脚本が自分自身の救いにもなると信じて。

コメント