100人に聞きました!2018年に読んだオススメの小説ベスト3

マスカレード・ホテル

みんなが2018年に読んだオススメの小説・文庫ランキングを大発表!

スポンサーリンク

2018年に読んだオススメの小説 第3位は「フォルトゥナの瞳」

フォルトゥナの瞳は2015年11月に新潮社から出版された。著者は百田尚樹

幼い頃に家族を火事で失い天涯孤独の身となった木山慎一郎は友人も恋人もなく、自動車塗装工として黙々と働くだけの日々を送っていた。だが突然「他人の死の運命」を視る力を手に入れ、生活は一変する。はじめて女性と愛し合うことを知った慎一郎の「死の迫る人を救いたい」という思いは、無情にも彼を窮地へと追いやり…。生死を賭けた衝撃のラストに心震える、愛と運命の物語。

読者の声

「引き込まれかたがこの上なく良い」

20代前半
女性

読み進めていくと、どんどん頭の中で、想像することができ、読む手が止まりません。運命というものが最初から決まっているのか、変えることはいけないことなのか、考えさせられます。人の死が見えるという青年の行動、一つ一つに興味がわき、最後の結末に涙します。

「他人が近日中に死んでしまう事が判る能力を持ったら、どうする?」

50代
男性

幼い頃に家族を火事で失い天涯孤独の身となった木山慎一郎は友人も恋人もなく、自動車塗装(コーティング)工として黙々と働くだけの日々を送っていた。だが突然「他人の死の運命」を視る力を手に入れ、生活は一変する。はじめて女性と愛し合うことを知った慎一郎の「死の迫る人を救いたい」という思いは、無情にも彼を窮地へと追いやり……。生死を賭けた衝撃のラストに心震える、愛と運命の物語。ラストは予想できませんでした。でも、めちゃくちゃハマリました。

2018年に読んだオススメの小説 第2位は「コンビニ人間」

コンビニ人間は2018年9月に文藝春秋から出版された。著者は村田沙耶香

「いらっしゃいませー!」お客様がたてる音に負けじと、私は叫ぶ。古倉恵子、コンビニバイト歴18年。彼氏なしの36歳。日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる。ある日婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて…。現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作。

読者の声

「耳に響く日時の普通」

30代後半
女性

コンビニの店員として、日常を過ごしている普通じゃない主人公が、マニュアル化された店員になりきることで世界と繋がっていると認識させる作品。空っぽな身体に響くコンビニ内の雑音が主人公の鼓動で、コンビニ食が血となり、コンビニで働く事が活きる糧になる。それを理解出来ない周囲からの辛辣な言葉、全てのバランスが取れていて飽きさせない、エンディングにどう向かっていくのかハラハラする展開で一気に読んでしまうのは流石、芥川賞受賞作と納得させられる作品。

「個性的な主人公の目を通じて社会を描いた新しい切り口の作品」

30代前半
女性

言わずと知れた芥川賞受賞作品ですが、文庫化にあたりやっと読みました。
なんといっても、主人公が魅力的です。昔から人とズレている主人公は普通の人を演じる日々なのですが、今までの小説であれば、そうやって“普通を演じる”ことへの不満や葛藤があるはずなのに、そこが無いんです。
それがとても面白いです。どう見ても仕事を真面目にこなし、普通を演じる間は社会人としての振る舞いに変なところがない主人公はよき勤め人ですが、ひとたび未婚、バイト、という肩書がバレると“おかしな人”にされてしまう。人柄よりも肩書が重要な社会だったと痛感させられます。
多様性、なんてうたわれていますが、実際には逸脱していると感じる人間をみつけたら、土足で踏み込んで調査・更生させないと気が済まないのが人間なのだと思いました。

「独特なストーリー」

10代後半
女性

主人公の女性は、すこし普通とは違った人間。
コンビニを通して、身近にありそうだけどやっぱりどこか独特な世界観のストーリーが書かれています。
長編小説が苦手という方にも読みやすく、時間もあまりかからないので忙しい人にもおすすめです。
芥川賞を受賞しているだけあって、面白いです。

2018年に読んだオススメの小説 第1位は「マスカレード・ホテル」

マスカレード・ホテルは2014年7月に集英社から出版された。著者は東野圭吾

都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。彼を教育するのは、女性フロントクラークの山岸尚美。次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿り着けるのか!? 大人気シリーズ第1弾のミリオンセラー。

読者の声

「ホテルを舞台にしたミステリー。全員怪しい!」

30代前半
女性

近々映画も公開される話題作です。東野圭吾さんのミステリーだからおもしろいのは当然のことながら、ホテルを舞台にホテルウーマンと潜入捜査官のタッグという異色の設定です。登場人物全員が怪しく、犯人とその狙いが分かった時には、「まさかの」「裏切られた」という言葉がここまで当てはまる作品は初めてでした。絶対に引き込まれるミステリーです。

「ホテルならではのエピソードで面白い!」

20代前半
女性

都内の高級ホテルが舞台の連続殺人事件。客を疑う刑事と客を信じるホテルマンと正反対の立場の2人がぶつかり合いながら事件を解決していく。様々な怪しい客が現れ、1つずつ解決していく中いきなりの急展開でとてもおもしろかったです。東野圭吾のミステリーの中でも1番といってもいいほどの物語でした。

「ホテルマンに化けた新田刑事と教育係の山岸尚美の会話」

50代
女性

連続殺人事件が起きて、この次の殺人予告は、ホテルコルテシア東京だという。犯人を見つけるため、ホテルマンに化けた新田刑事は、フロント係になる。その教育係に山岸尚美が任命された。実はその事件の犯人は尚美と関わりのある人物だったのだ。

「最後まで分からない犯人像がすごい」

30代前半
女性

第1作目のマスカレードホテルから今回でシリーズ3作目。ホテルを舞台にし、そこに刑事がホテルマンに変装して事件を解決していくのですが、これまた最後まで犯人は誰か分からない状態で作品が進み、最後の数ページで一気にクライマックスです。このヒヤヒヤ感とどんでん返し、読んでいてたまりません。

以上100人に聞いた2018年に読んだオススメの小説ベスト3でした!よかったらリンクからぜひご購入ください!

アンケートの内訳

以下の性別、年齢層の方にアンケートをとりました。

回答者の男女比

男性 22%
女性 78%

回答者の年齢層

10代後半 6%
20代前半 12%
20代後半 4%
30代前半 28%
30代後半 18%
40代 18%
50代 14%
60代 0%

コメント