映画「風の谷のナウシカ」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|宮崎駿

監督:宮崎駿 1984年3月に東映洋画から配給

風の谷のナウシカの主要登場人物

ナウシカ(島本須美)
本作の主人公。風の谷の族長の娘。慈愛の心を持ち、風の谷の人々から腐海の生物までこよなく愛する。

アスベル(松田洋治)
ペジテ市の王子。自国を侵略したトルメキアへの復讐に駆られていたが、ナウシカと行動を共にし変化していく。

ユパ(納谷悟朗)
ナウシカの師匠。辺境にも名を轟かす大剣豪。腐海に覆われた世界の謎を解き明かすため、旅をしている。

クシャナ(榊原良子)
大国トルメキアの皇女。軍隊を率いて風の谷へとやってくる。冷酷な性格で、虫に体を食われた過去を持つ。

風の谷のナウシカ の簡単なあらすじ

『ルパン3世 カリオストロの城』に次ぐ、宮崎駿監督による長編アニメーション映画の第2作目です。

スタジオジブリ前身の、トップクラフトで制作されています。

日本の古典『虫めづる姫君』をモデルとする、虫と自然を愛する少女ナウシカの物語です。

自然と人類の共生のテーマは、のちの『もののけ姫』まで受け継がれています。

原作漫画は雑誌アニメージュで10年以上にも渡って連載されました。

風の谷のナウシカ の起承転結

【起】風の谷のナウシカ のあらすじ①

ナウシカの暮らす風の谷に、不穏の影が忍び寄る

毒を放出する草木が茂り、巨大な虫が跋扈する「腐海。」

ナウシカは腐海遊びが好きでした。

その日も腐海最大級の虫「王蟲」の抜け殻を見つけ、ウキウキしていました。

しかし異変に気付きます。

そして王蟲が怒りに目を赤くして、人を襲っている光景を目撃します。

ナウシカは閃光弾で王蟲を正気に戻し、腐海へと導きます。

襲われていたのは旅人ユパでした。

ユパはキツネリスを助けるために腐海で発砲し、虫の怒りを買ったのです。

ナウシカはキツネリスを貰い受け、「テト」と名付けました。

ユパの帰還に、風の谷も大喜びです。

ユパは族長たちに旅の報告を行いました。

腐海の謎を追い、風の谷に伝わる救世主を探すこと、それがユパの目的でした。

ナウシカは、ユパの力になれたらいいのにと心の中で願います。

ある夜、不審な飛び方をする大型飛行船が風の谷へと近付きます。

飛行船は虫に覆われていました。

ナウシカたちの誘導も虚しく、飛行船は墜落します。

飛行船は大国トルメキアの輸送船で、ペジテ市の王女ラステルが乗せられていました。

そしてラステルが死の間際まで気にかけていたもの、それはかつて世界中を焼き払った怪物「巨神兵」の卵でした。

【承】風の谷のナウシカ のあらすじ②

大国トルメキアの侵攻を受ける風の谷

輸送船の墜落を受け、トルメキア軍と皇女クシャナが風の谷へ侵攻してきました。

父親である族長ジルを殺害され、ナウシカは激昂します。

トルメキア兵を次々討ち倒していきますが、ユパに静止されます。

我にかえったナウシカは、大人しくクシャナの要求を呑み捕虜となります。

クシャナの狙いは、巨神兵の卵でした。

しかしその重量から輸送は困難と判断し、風の谷で孵化を待つことにします。

そしてナウシカと城に仕える者たち数人は、人質としてトルメキアへと送られることになります。

しかし輸送中、トルメキアの艦隊が襲撃を受けます。

単独の戦闘機でありながら、トルメキアの船は次々に撃墜されてしまいました。

ナウシカやクシャナの乗る飛行船も被弾し、腐海への不時着を余儀なくされます。

飛行船の侵入により腐海は騒然としますが、ナウシカは王蟲に敵意のないことを示します。

しかし王蟲は突然、怒り心頭で走り去っていきます。

トルメキアに撃ち落とされた襲撃者が、虫に襲われているーー察したナウシカは、襲撃者を助けに向かいます。

【転】風の谷のナウシカ のあらすじ③

ナウシカはペジテ市で風の谷の危機を知る

ナウシカと襲撃者は、辛くも虫から逃れます。

しかし流砂に巻き込まれて、腐海の地下深くに落ちてしまいました。

驚くべきことに地下の大気は澄み、ナウシカたちは防毒マスクをはずしても平気でした。

腐海の植物は、汚染された土から毒素を吸い上げて、大地をきれいにしていたのです。

襲撃者の正体は、トルメキアに復讐心を抱くペジテ市の王子アスベルでした。

ナウシカとアスベルは、ペジテ市へと向かいます。

しかしペジテ市は王蟲の群れに襲われ、壊滅していました。

そこにペジテ市長たち生き残りが現れます。

そしてトルメキア軍に奪われた巨神兵の卵を奪還するため、王蟲の大群を風の谷へ誘導していることを話します。

ナウシカは捕らえられ、難民船に乗せられます。

しかし難民船は、上空でトルメキア軍の襲撃を受けます。

アスベルたちの協力を得て、ナウシカは難民船から脱出しました。

トルメキア軍に追撃を受けるナウシカのもとへ駆けつけたのは、風の谷で城仕えするミトでした。

ナウシカはミトと共に、風の谷へと急ぎます。

その頃風の谷では、トルメキア軍の横暴から反乱が起きていました。

風の谷の人々は全員、砂漠の廃墟に篭城しています。

そこへ王蟲の群れが迫ります。

【結】風の谷のナウシカ のあらすじ④

ナウシカは風の谷を救えるのか?

ペジテ兵は王蟲の子供を囮にすることで、王蟲の怒りを買い、群れを暴走させていました。

ナウシカは王蟲の子供を取り返します。

そしてペジテ兵を脅し、王蟲の群れに子供を返すことにします。

一方、風の谷の人々も異変を察知していました。

ペジテの策略と王蟲の大群のことを知ったクシャナは、巨神兵を孵化させます。

誕生した巨神兵は、圧倒的火力のビームを放ち王蟲たちを焼き払っていきます。

しかし体が形成されないまま孵化していたので、数発撃ったところで腐り落ちてしまいます。

そこへ現れたのは、ペジテ兵に運ばれてきたナウシカでした。

ナウシカと王蟲の子供は、大群の先頭に降り立ちます。

ナウシカはあっという間に大群へと呑み込まれます。

突然、王蟲の暴走が止まりました。

怒りがみるみる鎮まっていきます。

大群の中心では、ナウシカが横たわっていました。

王蟲たちは金色の触手を伸ばし、ナウシカの体を包んでいきます。

するとナウシカが息を吹き返しました。

王蟲の触手の中を歩くナウシカの姿は、風の谷に言い伝えられている救世主の姿そのものでした。

そして王蟲は去り、クシャナもトルメキア軍を引き上げます。

風の谷には平穏が戻りました。

風の谷のナウシカ を観た感想

ナウシカはとにかく美しいヒロインです。

生き物を愛でる姿は母性に溢れ、腐海を探検する様子は少女のように無邪気で、戦地に立つと鬼神のごとき凛々しさがあります。

特にメーヴェを操り、鳥のように風に乗る姿は憧れでした。

雑誌アニメージュでも人気投票で連続首位を獲得し、レジェンドヒロインとして語り継がれています。

そのナウシカと対比して描かれているのが、トルメキア皇女のクシャナです。

傲慢で恐れを知らず、敵対する相手には無慈悲な手段も厭いません。

しかし私はそんなクシャナが、全てのジブリヒロインを差し置いて最も好きです。

トルメキアは王位争いが熾烈で、謀殺や蹴落としは日常茶飯事でした。

そんな悲しみを背負いながらも、部下の前では常に強気を保ち、微笑を絶やさない姿がかっこいいです。

これらのクシャナの背景は、原作漫画でより詳しく描写されています。

コメント