「馬を売る女」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|松本清張

馬を売る女(松本清張)

【ネタバレ有り】馬を売る女 のあらすじを起承転結でネタバレ解説!

著者:松本清張 1977年 に新潮社から出版

スポンサーリンク

馬を売る女の主要登場人物

星野花江(ほしのはなえ)
繊維問屋:日東商会の社長秘書、いわゆる職業婦人。独身のひとり暮らしで、社内でもプライベートでもいつもひとり。社内で高利貸しをしている上に、「浜井静枝」という偽名で競馬の情報屋をしており、かなり稼いでいる。

米村重一郎(よねむらじゅういちろう)
明治時代から続く日東商会の三代目社長。苦労して会社を大きくした祖父、父の社内方針を継承しているが、裏では適度に遊んでいる。

八田英吉(はったえいきち)。
日東商会の孫請に当たる城東洋裁店の店長。親会社のさらに上の重一郎には畏怖の念を持っている。

馬を売る女 の簡単なあらすじ

老舗の繊維問屋の社長秘書をしている独身の花江は、社内で高利貸をしているほどお金をため込んでいます。その上、社長室へ取り次ぐ電話を悪用し、競馬情報を盗み聞きして偽名で競馬情報ビジネスもして、さらに儲けていました。社長の重一郎は盗聴を怪しみ、八田に花江を見張るよう命じます。八田は、最初、盗聴の事実をつかみ重一郎に報告をしますが、金に困っていたため、花江を利用しひともうけを目論見ます。実際、孤独だった花江は八田の愛を信じ、お金を貸し始めたのです。ただ、お金に細かい花江は、常に返済を八田に迫ります。しだいに追い込まれていった彼は、ついに花江を殺そうと完全犯罪を試みるのですが・・。

馬を売る女 の起承転結

【起】馬を売る女 のあらすじ①

社長秘書のもうかる副業

日東商会の社長:米村は、3代目。

生真面目な経営戦略をとる一方で、裏では競馬に凝っており、電話で馬主仲間と馬の情報をやり取りしていました。

その電話を盗聴していた10年来の社長秘書:花枝は、秘密の会員制競馬予想ビジネスを副業として行い、私腹を肥やしています。

社内で高利貸しをしている花江は、借金のために話しかけられることはあっても、お昼の時間ですら誰とも話をせず、完ぺきな秘密を保っていることができたのです。

馬主仲間や厩舎(きゅうしゃ)からの情報は専門用語でやり取りをされますが、仕事に真面目な花江はそれも解析してしまい、週末のレース前には、会員に電話で馬の調子をレース情報として流します。

この情報は、信頼度が高く、時には大穴を狙えると人気でした。

不器量で誰とも結婚できないと考えていた花枝は将来に備えて、さらに大金を貯め込んでいきます。

 重一郎は、ある時、花江の盗聴を疑います。

社内の人間に調査を任すと、自身の競馬狂いが露見してしまうことを恐れた重一郎は、出入りしていた業者:八田に、思いついて相談することに。

頭の切れる八田は、ニセ情報を電話で流すこと提案し、同時に花枝の自宅に電話をかけて、彼女が電話で競馬情報を流していることも突き止めました。

この情報に喜んだ重一郎は、八田の取引が安定するよう計らいます。

一方で、競馬情報が当たらなくなった花江は、目の前が真っ暗になっていく気持ちになるのでした。

スポンサーリンク

【承】馬を売る女 のあらすじ②

愛情の勘定

ある日、八田は帰宅途中の花江の後をつけます。

パチンコ店に入った花江に偶然を装って近づき、彼女と関係を結ぶことに成功。

実は、彼は花江のため込んだ金を狙っていたのです。

わざと年下の頼りない男を演じ、彼女にお金を借してくれるよう懇願します。

孫受けの八田の洋品店は毎月の資金繰りが大変で、重一郎に恩を売ってもすぐに楽な経営ができないとわかった彼は、目先のお金を花江に頼ることにしました。

花江は愛し始めた八田にお金を貸したものの、返済期間を必ず確認、ベッドを共にする相手でも、金勘定と愛情の勘定は分けて考えています。

八田は、そんな花江の信用を得るために、借りたお金に月5分の利子をつけて期日にはきちんと返していました。

また、八田は、花江がたくさん稼げるよう、重一郎にウソの情報を流すことをやめさせること。

これで、自分の店の資金繰りが保証できると考えたからです。

実際、彼女から借りたお金で経営がどれほど楽になったか考えると、この関係はしばらくやめられない、と八田は考えていました。

【転】馬を売る女 のあらすじ③

足元から崩れ始める関係性

二人の逢瀬は最近、都内で増え始めた高速道路の非常駐車帯を使うようになりました。

お金がかからないからです。

はじめは嫌がっていた花江も、スリルで次第に興奮を覚えるように。

肉欲と金銭欲の入り混じった関係を続けていた二人でしたが、次第に八田の返済が滞り、その借金額が花江の我慢を超えた時、「わたしはあんたの奥さんにも言うわ。

わたしはあなたのご主人にオモチャにされましたって」と花江が言い放ちます。

もてあそんだなんて、もう少し見た目のいい女がいうことで、男のだれにも相手にされない醜女(ブス)に言われるのは心外だと、八田は憤ります。

この時、八田には殺意が芽生えたのでした。

八田は、花江に疑われることなく、いつもの通り人目がない非常駐車帯で花江を抱いた後、首を絞め殺してしまいます。

料金所の人間は、通行するクルマのナンバーをいちいち見ていないことを見越して考えた計画でした。

その後、高速を飛ばして相模湖畔に死体を遺棄、取って返して江戸川区の彼女の部屋にある貸金帳簿も処分します。

八田の中で完全犯罪が成立した瞬間でした。

スポンサーリンク

【結】馬を売る女 のあらすじ④

粘り強い警察の追っ手

花江の遺体を発見した警察は、遺体のそばに落ちていた競馬予想の新聞切り抜きをきっかけに、花枝が競馬予想ビジネスをしていたことをつかみます。

その線で犯人が見つかるかと捜査は続きますが、決定的な容疑者が浮かびません。

次に高利貸しをしていた事実もつかみますが、やはりこれも帳面が見当たらない。

結局は、捜査本部は解散してしまいます。

4ヶ月後、馬券詐取の容疑者からの情報で八田にたどり着いた捜査員が、再び八田に迫ります。

内心では今ごろ・・と驚がくしている八田ですが、殺人当日のアリバイをごまかし、再び逃げ切ります。

 そんなある日、非常駐車帯で八田と同じ車を見かけたという情報が寄せられます。

情報提供者は、当時、八田と同じように非常駐車帯で不倫をしていたために、届出ができなったが、いまは離婚をして当時の相手と再婚したため、不審なクルマの情報を届けられたと笑っていました。

八田のアリバイはこうして崩れ去ってしまいました。

馬を売る女 を読んだ読書感想

この小説が書かれた昭和52年の社会状況が巧みに取り込まれた一冊です。

3代目の繊維問屋の社長の立場、孫請けの単独店、首都高速のカーセックス、アベック、長い会社勤めをする独身の職業婦人。

冒頭の男と女の、出来上がったばかりの首都高速:非常駐車帯での濃密な時間のやりとりが昭和感満載です。

また、主人公3人以外が、捜査員、男と女など、わざと匿名性を持たした描かれ方をしていて、3人の業の深さ、身勝手さがよくわかる心理描写が続きます。

コメント