映画「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|ロバート・ロドリゲス

監督:ロバート・ロドリゲス 2003年8月にソニー・ピクチャーズエンタテインメントから配給

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラードの主要登場人物

エル・マリアッチ(アントニオ・バンデラス)
ギター弾きで凄腕のガンマン。恋人をマルケス将軍に殺される。

サンズ(ジョニー・デップ)
CIA捜査官。エル・マリアッチにマルケス将軍暗殺を依頼する。

バリヨ(ウィレム・デフォー)
麻薬カルテルのボス。クーデターをおこし大統領を暗殺するためマルケス将軍に資金援助する。

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード の簡単なあらすじ

マリアッチがギター片手に祖国メキシコの危機を救います。

マリアッチは凄腕のガンマンでギターには銃器が仕込んであります。

彼の仲間で、同じくマリアッチのロレンゾ、フィデオと共に活躍します。

メキシコでクーデターを起こそうと画策するマルケス将軍、マルケス将軍に資金援助する麻薬カルテルのボス、バリヨ、バリヨを追う元FBI捜査官ラミレス、彼らを影で操るCIA捜査官サンズ、皆の思惑が絡み合います。

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード の起承転結

【起】レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード のあらすじ①

エル・マリアッチの逸話

CIA捜査官のサンズはレストランで情報屋を待っています。

サンズは好物のピビルを注文しています。

そして左腕はダミーで、机の下で銃を構えています。

情報屋が来ます。

彼は凄腕のでマリアッチの話をします。

そのマリアッチはマルケス将軍とやり合い、マリアッチの弾が切れた時、美しい女性カロリーナがマリアッチを助けます。

カロリーナはマルケス将軍の恋人でしたが、マリアッチを選びマルケス将軍を銃で撃ちました。

しかし実はマルケス将軍は死んではいませんでした。

サンズはマリアッチの何所を情報屋から仕入れます。

マリアッチのいる村でギター作りの職人がギターを作っています。

彼は、弾いてもらえたら光栄です、と言いマリアッチにギターを差し出します。

マリアッチは感謝します。

村に屈強な男ククイが率いる男達が武器を手にやって来ます。

ククイはマリアッチは何処か尋ねます。

知らないと言うギター職人を殺します。

それを遠くで見ていたマリアッチは口笛を吹き、自分の居場所を知らせます。

マリアッチはククイに連れて行かれます。

ククイはサンズの手下でした。

【承】レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード のあらすじ②

CIA捜査官サンズの計画

マリアッチがレストランで待たされています。

サンズが来ます。

サンズはマルケス将軍が麻薬カルテルのボス、バリヨの協力のもと、メキシコでクーデターを起こし、大統領を暗殺するので、その後、マルケス将軍を殺してくれと頼みます。

またサンズは自分の仕事はバランスを保つ事で、このレストランのピビルは美味しすぎて、他の店とのバランスが取れないので帰り際にシェフを撃ち殺すと言います。

マリアッチはピビルを一口つまんで食べて、吐き出します。

サンズは本当にシェフを撃ち殺しました。

アヘドラスは警察官ですが、女性であるために、重要任務を任せてもらえません。

サンズとアヘドラスは協力関係で、サンズは情報屋から得た情報をアヘドラスにおしえ、その情報でバリヨを逮捕できるし、アヘドラスが手柄をあげられる、と言います。

その情報とは、バリヨが自分の顔形がそっくりな人間をダミーに使い、整形手術中に手下に襲わせ、自分を死んだことにする、と言うものでした。

サンズは元FBI 捜査官で麻薬カルテルのボス、バリヨを追っていたラミレスに接近します。

ラミレスの相棒が拷問され殺害された事を持ち出し、ラミレスを、再びバリヨを追う様に焚き付けます。

ラミレスは一味の中にアメリカ人逃亡者のビリーを見つけます。

ビリーはバリヨによってやらされた犯罪の数々に自分でも嫌気がさしていて、ラミレスに協力します。

闘牛場でサンズと、大統領の側近ニコラスが話をしています。

ニコラスはお金と引き換えに大統領を裏切ることを約束します。

【転】レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード のあらすじ③

エル・マリアッチと仲間達

マリアッチはかつての仲間たち、ロレンゾとフィデオに会いに行きます。

銃器が内蔵されたギターをロレンゾから受けとります。

マリアッチはカロリーナと娘のことを思い出します。

マリアッチとカロリーナは村で結婚式をあげ、幸せに暮らしていましたが、マルケス将軍の復讐により、カロリーナと娘は殺されました。

マリアッチは、カロリーナと娘の仇を取ることを誓います。

マリアッチは仲間たちと、大統領が居る会場にバンドとして乗り込みます。

大統領はその席で、メキシコの未来のために皆に協力を要請していました。

その日は何事もなく過ぎました。

マリアッチ達は、メキシコの死者の日にクーデターが起こるので、その時に大統領を守るため準備します。

サンズの手下ククイはサンズを裏切り、マリアッチを捕らえ、マルケス将軍の所に連れて行きますが、マリアッチは自力で脱出します。

ククイは、バリヨに、サンズがマリアッチを使い、マルケス将軍を暗殺しようとしている事を告げ口しますが、バリヨに殺されます。

【結】レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード のあらすじ④

クーデター阻止

サンズはアヘドラスに裏切られ、バリヨに捕らえられます。

アヘドラスは実はバリヨの娘でした。

バリヨとバリヨの側近ゲバラ医師は、サンズの両目をくり抜きます。

その後サンズはガム売りの少年を自分の目の代わりをするように雇い、バリヨの手下を撃ち殺しますが、力尽きて、その場に倒れます。

死者の日、暴動が起きます。

大統領はニコラスの裏切りにより大統領邸に軟禁されます。

マリアッチは仲間たちと、大統領邸に大統領を助けに乗り込みます。

マルケス将軍が大統領邸に行くとすでに大統領は安全な場所に隠れ、代わりにマリアッチがいました。

マリアッチとマルケス将軍は対決しマリアッチがマルケス将軍を撃ち殺します。

その後、顔に包帯を巻いたバリヨとゲバラ医師、アヘドラスが、大統領邸に来ますが、マルケス将軍が死んでいます。

窓の外から横たわるサンズを発見したアヘドラスは、サンズにとどめをさしに行きますが、サンズはダミーの腕を仕込んでいて、アヘドラスを撃ち殺します。

マリアッチたちは大統領を無事に逃し、クーデターを阻止しました。

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード を観た感想

サンズのキャラクターがとても面白いです。

見かけは優男で人当たりがよく、要領もよくて、自分の利益のためには冷酷に人殺しもします。

それから準備万全で、いつも交渉ごとなどの時にはダミーの腕を仕込んでいて、テーブルのしたから相手に銃を突きつけています。

メキシコ料理のプエルコピビルが大好物で人にも勧めるところが社交的です。

賢く立ち回っているつもりなのに、アヘドラスに裏切られてしまうと言う、騙し合いに負けるサンズが哀れです。

エル・マリアッチの悲しい過去と、マルケス将軍に対する復讐、メキシコの危機を救うと言うストーリーが見どころです。

コメント