江國香織

江國 香織(えくに かおり)は、東京都出身の日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。 1987年に「草之丞の話」で童話作家としてデビュー、その後「きらきらひかる」「落下する夕方」「神様のボート」などの小説作品で人気を得る。2004年、「号泣する準備はできていた」で直木賞を受賞した。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数行なっている。

小説

「いつか記憶からこぼれおちるとしても」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|江國香織

小説

「神様のボート」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|江國香織

小説

「号泣する準備はできていた」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|江國香織

小説

「きらきらひかる」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|江國香織

小説

「こうばしい日々」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|江國香織

小説

「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|江國香織

小説

江國香織「ホリー・ガーデン」のあらすじと結末をネタバレ

小説

江國香織「ウエハースの椅子」のあらすじ&ネタバレ