響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部の一番熱い夏(武田綾乃)の1分でわかるあらすじ&結末までのネタバレと感想

響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部の一番熱い夏(武田綾乃)

【ネタバレ有り】響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部の一番熱い夏 のあらすじを起承転結でネタバレ解説!

著者:武田綾乃 2015年3月に(株)宝島社から出版

スポンサーリンク

響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部の一番熱い夏の主要登場人物

黄前久美子(おうまえ くみこ)
1年生 ユーフォニアム担当 物語の主人公 穏和な性格で色々なことに口を突っ込むが、最後で引いてしまう。

傘木希美(かさぎ のぞみ)
2年生 フルート担当 1年生の時に先輩ともめて退部してしまった。明るく友達が多い。

鎧塚みぞれ(よろいづか みぞれ)
2年生 吹奏楽部唯一のオーボエ奏者 口数が少なく、友達付き合いが苦手。少し不思議な女の子。

中川夏紀(なかがわ なつき)
2年生 ユーフォニアム担当 高校から楽器を初め1年生の時は熱心な練習をしてこなかった。2年生から熱を入れるようになったが、コンクール出場メンバーから漏れた。

田中あすか(たなか あすか)
3年生 副部長 ユーフォニアム担当 人の心を読むのに長けている。先輩達はあすかのことを特別だと言う。

響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部の一番熱い夏 の簡単なあらすじ

京都府大会を勝ち抜き関西大会出場が決まった北宇治高校吹奏楽部。新しい顧問の能力が高いことを認めた部員達は全国大会出場を目指し練習に励んでいた。そこへ昨年退部した傘木希美が復帰したいとやってきた。ところが副部長の田中あすかは復帰に反対した。あすかには希美を戻せない訳があった。そこには色々な少女達の悩みが絡んでいた。その問題を乗り越え北宇治高校吹奏楽部は涙の全国大会出場を果たしていく。

響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部の一番熱い夏 の起承転結

【起】響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部の一番熱い夏 のあらすじ①

夢の全国大会出場に向けて

部員達にとって北宇治高校吹奏楽部が関西大会に行けるなんて去年のことを考えると信じられない事だった。

しかし関西には三強と言われる全国大会常連校三校ある。

しかも関西から全国へ行けるのは三校だけという超難関である。

部員達は顧問の滝昇について行けば全国まで行けるかもしれないと必死に個人練習、パート練習、合奏練習に取り組んでいた。

滝の指摘は細部にわたり、何度も何度も同じところをできるまで繰り返されていた。

久美子も高坂麗奈に誘われて宇治駅に五時半に集合して早朝練習をすることにした。

しかし既に教室からはオーボエの音が聞こえていた。

それは凛として確かに美しい音だった。

しかし久美子はなにか物足りない気がした。

教室に入ると2年生の鎧塚みぞれ先輩が一人で練習をしていた。

みぞれは久美子の「練習好きなんですか?」の問いに無表情のまま淡々と「さあ、知らない」と答える変わった先輩だった。

今の吹奏楽部のオーボエはみぞれ一人だった。

中学校の時からオーボエを吹いており、今回の課題曲でもオーボエソロを吹くことになっている。

【承】響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部の一番熱い夏 のあらすじ②

フルートの復帰

久美子が放課後練習していると、見知らぬ少女があすか先輩を捜していた。

傘木のぞみである。

そこへ「希美!何勝手なことやってんの」と2年生の先輩中川夏紀が割って入り、希美を別の部屋で待つように追いやり、久美子に今のこと秘密にしといて欲しいと脅しのように頼んだ。

その日のパート練習が終わったところで、夏紀は希美をあすか先輩と会わせた。

夏紀は希美を部に戻して欲しいと頼み、希美はコンクールに出たいとかとかではなく、部を支えて行きたい、と復帰を懇願したが、あすかは全国が終わるまで復帰は認めることはできないときっぱり拒否した。

その後毎日希美はあすかを訪ね復帰をお願いしたが、あすかはかたくなに拒否をした。

久美子にもあすかは希美のことが嫌いで拒否しているのではないことだけは分かった。

花火大会の日、練習が終わった後、忘れ物を取りに行った久美子はみぞれ先輩と遭遇した。

みぞれは階段に座り込んで膝を抱え、うずくまり震えていた。

尋常ではない姿だった。

その時、どこからかフルートの音色が聞こえた。

みぞれはこの音聞きたくないと言い、階段を不安定に揺れながら降りていった。

久美子はフルートの音を探しに行った、その美しい音色が希美のものであることを知った。

久美子が「フルート好きなんですね。」

と言うと、希美は「好きやで、大好き。」

と言った。

久美子は何か自分に言い聞かせているみたいだと思った。

【転】響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部の一番熱い夏 のあらすじ③

オーボエのトラウマ、それを知らないフルート

盆の部活休みに、吹奏楽部の部員の多くがプールに行っていた。

そこで久美子は希美と偶然会い話を聞いた。

今の2年生は1年生の時一生懸命練習して上を目指そうとした。

しかし、当時の3年生は全くやる気なく、上を目指そうとしていた1年生を無視するようになった。

その結果我慢できなくなり、南中学校出身者中心に多くの1年生が退部していった。

同じ南中の吉川優子は誘われたとき、もう少し続けてみると言い、みぞれは誰も誘わなかった。

みぞれと希美は幼馴染みで、中学の時希美が吹奏楽部に誘ってオーボエを始めた。

あすか先輩は希美達がやめるときに引き留めてくれた。

それで、希美はあすか先輩の許可をもらうまで戻らないと決めていた。

希美にもあすか先輩が復帰を拒む理由は全く分からなかった。

盆が明けて合宿が始まった。

その時久美子はあすか先輩に希美の復帰に反対する理由を聞いた。

みぞれは希美のことがトラウマになっていて顔を見ただけで気持ち悪くなってしまうのだ。

一人だけのオーボエ奏者が吹けなくなったらコンクールに影響が出るから、コンクールが終わるまでは戻すことはできないという訳だった。

【結】響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部の一番熱い夏 のあらすじ④

よみがえるオーボエ

みぞれは外部指導者から、技術はすばらしいが聞いていて苦しくなる、もっと楽しんでいいと指摘されていた。

それを聞いた希美は、おかしいと思った。

性格は淡々としているが、演奏は感情が爆発すると言うのが希美の印象だった。

事件はコンクール前日に起こった。

希美がみぞれに声をかけたのだ。

その瞬間みぞれは逃げていってしまった。

今までみぞれの世話を見てきた優子はみぞれに慣れている久美子に、すぐ捜してくるように頼んだ。

久美子は発見した。

みぞれは狭い教室の隅にうずくまっていた。

みぞれは「希美は悪くない、悪いのは自分だ。」

「自分にとっての希美と、希美にとっての自分が全然違う」「希美が部活を辞めるとき、私に何も言わなかった。」

「吹奏楽部に入ったのも希美が誘ってくれたから。」

「楽器だけが希美と私を繋ぐもの。」

みぞれは、久美子に今までの思いを吐露した。

久美子は何も言うことができなかった。

そこに優子が駆けつけてきてみぞれの両肩をつかんでみぞれに優子の思いを伝えた。

そして、希美があすか先輩から託されたオーボエを持って入ってきた。

優子はみぞれに希美と話すように勧め、みぞれと希美は対面した。

二人はそれぞれの思いを正直に話した。

希美からオーボエを渡されたみぞれは「私のソロ聴いて欲しい。」

と希美に頼み、希美は「いいに決まってるやんか。」

と答えた。

その後のみぞれのオーボエは今までにない美しく、感情的なものだった。

そして、北宇治高校吹奏楽部は三強の一角を崩し全国大会への出場を決めた。

響け!ユーフォニアム2 北宇治高校吹奏楽部の一番熱い夏 を読んだ読書感想

結果が点数で表れないコンクールには色々な考え方がある。

みぞれはコンクールが嫌いだ。

最後は結局審査員の好みで決まる、こんなのなくなってしまえばいいと言う。

優子はコンクールで良い結果が出なかったらそれまでにしてきた努力ってなかったことにされてしまうのか、と疑問を持っている。

吹奏楽部には様々な考えを持った人たちが集まって社会を作っている。

親しくなればなるほどその関係性は複雑になり組織するのが難しくなる。

しかし、そんな中で生活していくことで人は物事を深く考え、広い見識を持った人へと成長していく。

この物語に出てくる高校生達は同じ目標に目一杯頑張っているからこそより深く、より広い大人への階段を一歩一歩上っているのだと思う。

コメント