響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ(武田綾乃)の1分でわかるあらすじ&結末までのネタバレと感想

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ(武田綾乃)

【ネタバレ有り】響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ のあらすじを起承転結でネタバレ解説!

著者:武田綾乃 2013年12月に(株)宝島社から出版

スポンサーリンク

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこその主要登場人物

黄前久美子(おうまえ くみこ)
1年生 ユーフォニアム担当 小学生の頃東京から京都へ引っ越してきた。押しの弱いところがある。

加藤葉月(かとう はづき)
1年生 チューバ担当 中学校はテニス部で高校から吹奏楽部に入った。明るく活発な少女。

高坂麗奈(こうさか れいな)
1年生 トランペット担当 黄前久美子とは同じ中学校の吹奏楽部に入っていた。信念を持ち、意志が強い。

田中あすか(たなか あすか)
3年生 副部長 ユーフォニアム担当 容姿端麗で楽器の上手さは誰もが認めている。誰にも本音を見せない。

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ の簡単なあらすじ

弱小の北宇治高校吹奏楽部はコンクールでは京都府大会で銅賞を取るのが精一杯でした。そんな吹奏楽部に新しい顧問が来て全国大会を目指す事になりましたが、熱心に練習したことのない部員達は、新しい顧問のやり方に反感を覚えます。しかし、部員達は顧問の熱さに惹かれるようになっていきます。そして、北宇治高校は京都地区大会を勝ち抜き、関西大会への出場が決まりました。

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ の起承転結

【起】響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ のあらすじ①

本気になった吹奏楽部

黄前久美子は新しくスタートをするために、同じ中学校からはあまり進学しない北宇治高校に進学しました。

中学校では吹奏楽部をやってきましたが、高校でどの部活に入るかは決めていませんでした。

入学後の部員勧誘で吹奏楽部の演奏を聴いたのだが、ひどい演奏で吹奏楽部はやめようと思っていました。

そこに、同じクラスになった加藤葉月と川島緑輝(さふぁいあ)が吹奏楽部に入りたいから一緒に入ろうと誘われます。

久美子はあまり気が進みませんでしたが、一緒に入部することにしました。

楽器は、緑輝は進んで今まで演奏してきたコントラバスに、葉月はトランペットを希望していたのですが低音パートのパートリーダーだった田中あすかにそそのかされてあまり人気のないチューバに、久美子は今までと楽器を変えたいと思っていましたが、ユーフォニアム経験者であることがばれ、結局ユーフォニアムを担当することになりました。

北宇治高校吹奏楽部は今年から新しく滝昇が顧問をすることになっていました。

滝は今年の目標を全国大会出場と決めさせましたが今の吹奏楽部ではとんでもなく不可能な目標でした。

しかし、滝の練習は本当に全国大会を目指す厳しいもので、今までぬるま湯のような練習しかしてこなかった部員はそのやり方に反発しますが、滝は物ともせず練習を進めました。

その結果、年度初めに行われるパレードで聞いている人が「あれが北宇治高校か?」と言われるほど上達し、部員も自分たちが上手くなったことを自覚し、全国大会を目指そうと本気になっていくのです。

【承】響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ のあらすじ②

それぞれの悩み

今までコンクールに出るメンバーは3年生優先で決めていました。

しかし、滝はオーディションで上手だった人を学年に関係なく選ぶことにしました。

それにより、練習はますます厳しくなり、練習時間は長くなっていきます。

斉藤葵は久美子の小学校からの友人で今は吹奏楽部の3年生です。

彼女は高校の受験に失敗し北宇治高校に進学しましたが、大学への進学は失敗したくありませんでした。

しかし、今年の吹奏楽部では勉強の時間を確保することは難しく、退部することを考えていました。

部長からはコンクールに出なくても良いから、残って欲しいと引き留められましたが、昨年退部していった1年生の事を考えると葵には残るという選択肢はありませんでした。

久美子には小学校の時から仲がよく、同じマンションに住む塚本秀一という少し気になる同級生の男友達がいました。

その塚本秀一を久美子と仲の良い加藤葉月が好きになり、あがた祭りで告白をすることになりました。

秀一は久美子を誘ったのですが、久美子は「葉月と行きな」と突き放しました。

塚本は葉月の告白を断りました。

塚本も久美子が気になっているのです。

久美子も塚本も恋愛に対して鈍感でした。

その夜、久美子は高坂麗奈と近くの大吉山に登りました。

そこで、麗奈の純粋で強固な思いを知りました。

麗奈は特別になりたいのです。

【転】響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ のあらすじ③

波乱のオーディション

オーディションが終わり、ユーフォニアムは3年生のあすか、1年生の久美子が選抜され、2年生の中川夏紀は落選でした。

夏紀は高校から吹奏楽部に入りユーフォニアムの経験は1年しかなく、実力では久美子が上でした。

しかし、久美子は夏紀が必死に練習していた事を知っていました。

久美子には中学時代に苦い経験がありました。

中学1年生で、久美子はコンクールに出場するになりました。

しかし、同じ楽器を担当していた選抜されなかった先輩に「おまえがおらんかったらな!うちがコンクールに出られたんや!」と罵られたことがあり、それが久美子のトラウマとなっていたのです。

結果発表の後、久美子は夏紀に呼び出されました。

また、中学の再来かと思いながら久美子は夏紀と会いました。

夏紀は「気にせんでええ、アンタのほうが受かるのが当然や」と気にしているだろう久美子に伝えるために呼び出したのでした。

久美子のトラウマは瞬く間に消滅していきました。

トランペットでは1年生の高坂麗奈がソロに選抜されました。

しかし、同じトランペットの2年生吉川優子は3年生の中世古香織が吹くべきだと言い張るのです。

優子も麗奈の方が上手いことは分かっていました。

しかし、昨年の1年生が退部していくのを止めようと必死になっていた香織の姿を知っている優子はどうしても香織先輩に吹いてもらいたかったのです。

昨年香織は一番上手でした。

しかし、ソロを吹いたのは下手な3年生でした。

香織はソロを吹きたいわけではなく自分に納得できなかったのです。

そして麗奈と香織でソロの再オーディションをすることになりました。

2人が吹いた後、顧問の滝は香織に「あなたがソロを吹きますか?」問います。

その答えは「吹かないです」「吹けないです」そして麗奈に向かって「ソロは、あなたが吹くべきやと思う」でした。

【結】響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ のあらすじ④

緊張のコンクール

再オーディションも終わり、久美子はようやく気付きます。

香織は自分が麗奈より劣っていることは分かっていたことを。

でも諦められなかったことを。

そして、圧倒的な差をつけられて負け、自分の心をへし折ってもらいたかったことを。

吹奏楽部員の中にその結果に不満を持つ者はもういませんでした。

そして崩壊しそうになった吹奏楽部には今までにない強い一体感が生まれました。

久美子が中三の時の吹奏楽部は京都府の大会で次には進めない金賞でした。

久美子は麗奈に「金賞で良かったね」と告げました。

しかし、普段冷静な麗奈が嗚咽を漏らし、感情を露わにして「アンタは悔しくないわけ?」と言ったのです。

その時久美子は期待すれば恥をかく。

叶いもしない夢を見るのはひどくばかげた行為だと思っていました。

しかし、今は願いを口にしなければ叶う事なんてあり得ない。

と思えるようになったのです。

北宇治高校で本当に必死になって練習してきた久美子は、今になってその時の麗奈の気持ちが分かる気がしました。



コンクールが終わり、結果発表をドキドキしながら待つ部員達。

結果が書かれた紙が広げられました。

北宇治高校…金賞…関西大会出場! 久美子は麗奈と抱き合って涙し、部員の歓声は収まることはありませんでした。

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ を読んだ読書感想

この物語は高校生の青春と成長を吹奏楽部という集団の中で繰り広げられるどこでもあり得るでき事の中で表現しています。

久美子は周りの目を気にして自分で事を決めることの苦手な高校生です。

その事は薄々自分でも気がついていました。

でもそれを当たり前のように思っている自分がありました。

しかし、高校生になって目にした麗奈の強さ、葉月の新しいことに挑戦していく姿、一見強く見えるが弱い面を併せ持つ香織先輩、物事を冷静に見ることが出来るあすか先輩、様々な人間と出会い、様々なでき事に遭遇し、久美子は今のままの自分ではいけない事に気づき始めたのでしょう。

この物語を読んでいるとついつい久美子を、北宇治高校吹奏楽部を応援したくなってきます。

この物語は宇治中心に描かれていて、実際にある駅だったり、寺社であったり、祭りであったりが登場してくるのも楽しいと思います。

コメント