「さよならの儀式」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|宮部みゆき

「さよならの儀式」

【ネタバレ有り】さよならの儀式 のあらすじを起承転結でネタバレ解説!

著者:宮部みゆき 2019年7月に河出書房新社から出版

さよならの儀式の見どころ!

・主人公「俺」と顧客である「娘」との心理的対立

・ロボットが人間の代わりを務める世界

・愛情を知らない「俺」のロボットに対する複雑な心情

・「娘」とロボット・ハーマンの種族を超えた愛情

さよならの儀式の主要登場人物

「さよならの儀式」

俺(おれ)
主人公。ロボット技師を務めている。元孤児。

娘(むすめ)
野口奉公会という孤児院の職員。元孤児。

ハーマン(はーまん)
一般家庭向けロボット。かなり古いモデルで老朽化しているため、回収された。

「母の法律」

二葉(ふたば)
マザーズ法により、過去の記憶を失って養父母に育てられる。

一美(かずみ)
二葉の姉。二葉と同じように養父母に引き取られた。猫好き。

「戦闘員」

達三(たつぞう)
散歩が日課の老人。視野狭窄を患っている。

箭内少年(やない少年)
建築士の父の死後、親戚のマンションで暮らしている。

さよならの儀式 の簡単なあらすじ

掲題「さよならの儀式」家庭用ロボットが普及した未来の日本が舞台です。主人公「俺」はロボットの廃棄手続きを担当する窓口担当として勤務しています。ある日、窓口にひとりの娘がやってきます。彼女が廃棄をするのは、かなり旧式のロボット、ハーマンでした。「俺」はロボットに感情移入することには否定的ですが、彼女は新しいロボットにもハーマンの記憶やデータを移行してほしいと懇願します。根負けした「俺」は廃棄処理を待つハーマンの姿を彼女に見せますが、その場で、彼女とハーマンは人間とロボットの関係を越えたコミュニケーションを「俺」に見せつけるのでした。

さよならの儀式 の起承転結

【起】さよならの儀式 のあらすじ①

さよならの儀式

 舞台は、家庭用ロボットが普及した未来の日本です。

主人公「俺」は、ロボット技師ですが、現在はロボットの廃棄手続きの窓口担当として勤務しています。

この窓口には、ロボットをやむを得ぬ事情で手放した人々がやってくるので、密かに「カウンセリング・コーナー」と呼ばれています。

ある日、この窓口にひとりの娘がやってきます。

この娘は、野口奉公会という孤児院で育ち、そのまま職員として働いています。

彼女が手放したのは、ハーマンというロボットでした。

「俺」がそのロボットを調べると、ハーマンは驚くほど古い機種でした。

今までに何回か不具合を起こし、聞き取り機能もうまく作動しませんが、奉公会の職員はそれを報告せず、ずっとハーマンと一緒に暮らしていたのです。

娘は、ロボットのハーマンに深い愛情を持っていて、どうか新しく迎え入れるロボットに、ハーマンのデータを移行してほしいと頼み込みます。

「俺」は、ハーマンがあまりにも旧式であるため、その手続きができるかどうかわからないと彼女に伝えますが、彼女は納得してくれません。

娘は、自分は孤児院育ちであり、自分に愛情を注いでくれたのはハーマンだった、私はハーマンに育てられたのだと強い口調で「俺」に語り掛けます。

「俺」は、人間がロボットに愛情を注ぎすぎることに対して、嫌悪感を持っていました。

しかし、どうしても興奮の収まらぬ娘を前にして、「俺」は廃棄物として一旦回収されていったハーマンを娘に見せてやることにしました。

それは、職員間の中ではタブー視されていることでした。

捨てられゆく自分のロボットを見ても、後悔と悲しみがつのるだけだからです。

ハーマンは廃棄を待つ部屋に、他のロボットと一緒に詰め込まれていました。

廃棄を待つロボットたちは、充電を使い切るまで、立ったり座ったり、手を動かしたりと、単純運動を続けています。

娘は大量にいるロボットたちの中から、ハーマンを見つけ出しました。

娘はハーマンに声をかけますが、ハーマンはうなだれたまま反応を示しません。

娘はハーマンに対して声をかけ続けます。

すると、「俺」の目の前で驚くことが起こったのです。

ハーマンはゆっくりと娘を見ました。

そしてそれどころか、娘と手話で会話を始めたのです。

しばらく手話を続けた娘は次第にうなだれます。

ハーマンは手話で、娘に「私を死なせてください」と言ったのです。

するとその時、単純運動を起こしていたロボットがエラーを起こしブザーが鳴り、他の職員たちがやってきました。

職員たちは、娘に廃棄前ロボットを見せた「俺」のことを咎め、娘は別の職員に連れ出されていきました。

一人になった「俺」は、自分とロボットについて考え始めます。

「俺」も娘と同じく孤児で、救護施設を転々として育ちました。

そのため、人から愛情を注がれたり、必要とされることがありませんでした。

せめて、人から必要とされるロボットを作る仕事に就こうとロボット技師になりましたが、自分の作ったロボットだけが愛情を与えられ、自分の存在は誰の目にも止まらないことに深い孤独を感じていました。

「俺」はもはや自分がロボットになりたいと強く願うようになります。

しかし、どうしてもロボットにはなれず、人から必要ともされないのだと思うと、激しく泣き叫びたい衝動を感じます。

それは、「俺」の気持ちとは反対にあまりにも人間らしい気持ちなのでした。

【承】さよならの儀式 のあらすじ②

過去の事故

舞台は過去にさかのぼります。

東日本大震災のあと、汐見と妻は二人の子どもを亡くした悲しみに打ちひしがれていました。

この悲しみを乗り越えるには、もう一度子どもを作ろうと汐見は妻に提案します。

年齢的に自然妊娠は厳しかった二人は、不妊治療を始めます。

治療はつらく、なかなかうまくいきませんでしたが、ついに人工授精が成功します。

出産にむけて、幸せいっぱいの汐見夫妻でしたが、ある日病院から呼び出され、受精卵の取り違えの可能性があることを告げられます。

同時期に不妊治療を受けていた弥生と綿貫の受精卵を、誤って汐見の妻の体内に戻してしまったというのです。

汐見夫妻は衝撃を受けますが、取り違えていない可能性もあることや、堕胎可能期間内に遺伝子検査ができないことから、出産に踏み切ります。

それが萌奈だったのです。

成長するにあたり、全然両親に似ない萌奈を見て、両親はやはり取り違えが起きていたのだと確信します。

その後、白血病が見つかった汐見の妻は、自分の死後は萌奈に真実を告げてもいいと汐見に告げて、すぐに亡くなりますが、汐見は萌奈にとって何が一番良い選択なのか決めあぐねていました。

思春期を迎えている娘と上手く話せないというのも原因でしたが、一番は、真実を知った萌奈が義理の父である自分を見捨てて実の家族のもとにいってしまうことが怖かったのです。

そのために、汐見は萌奈と向き合うのを先延ばしにしていました。

【転】さよならの儀式 のあらすじ③

親たちの苦しみ

汐見は妻の死後、思春期を迎えた娘との接し方がわからず苦しんでいました。

そして、萌奈の遺伝子上の母親に会いに行こうと思い立ちます。

不妊治療を行った医師から弥生のことを知らされ、汐見はすぐに弥生に会いに行きました。

弥生の店に行き、常連になった汐見は、こらえきれずに弥生に受精卵取り違えの話をしてしまいます。

弥生は大変驚きますが、自分に娘がいることを喜び、一目会いたいと汐見に訴えます。

汐見は萌奈の学校を教え、弥生は部活中の萌奈を外から見守るようになります。

萌奈は弥生の存在には気が付いていましたが、まさか自分のことを見ていいるとは思わず、何の関心も持ちませんでした。

弥生はこの事実を元夫・綿貫にも教えます。

綿貫は初めて遺伝子取り違えの事実を聞かされ、病院から何の説明も受けていないと憤ります。

病院を訴えることも考えましたが、騒ぎを大きくすると、萌奈や萌奈の両親に自分たちのことを気付かれてしまいます。

弥生は萌奈の気持ちを一番に考えていたので、綿貫には騒がないように忠告します。

綿貫は萌奈に会いたがりますが、きっと綿貫は萌奈に声をかけてしまうだろうと危惧した弥生は、決して萌奈の学校や住まいを綿貫に明かしませんでした。

綿貫はそれをしぶしぶ受け入れたものの、浮き立つ気持ちは抑えきれずに、養子縁組の組み方について調査を始めてしまいます。

そんな綿貫を見て、内縁の妻の多由子は不安を感じます。

多由子はある日、こっそりと弥生に会いにいきます。

どうして綿貫と連絡を取っているのかと問い詰められた弥生は、最初は口を割りませんでしたが、綿貫から事実を隠されたままの多由子のことを可哀想に思ってしまった弥生は、萌奈の話をしてしまいます。

弥生は多由子を手厚くもてなし、多由子と綿貫の間に子どもができることを願っていると話しますが、突然綿貫と弥生の間に子どもがいることを知らされて動転した多由子は話を冷静に聞くことができない精神状態でした。

挙句、弥生と綿貫がよりを戻して萌奈を養子に迎えようと企んでいると誤解して、怒りにまかせて弥生を刺してしまうのです。

【結】さよならの儀式 のあらすじ④

本当の親子

弥生が亡くなり、萌奈とどう接していいかわからなくなっていた汐見ですが、ある晩、まだまだ子どもだと思っていた萌奈が生理を迎えていたことに気付きます。

偶然ではあるものの、生理用品を見てしまったことを萌奈は怒りますが、汐見は大人の体になった萌奈には本当のことを話す時がきたと直感します。

萌奈は自分が本当の娘ではないことを気付いていましたが、しかし、それは母親の不倫のせいだと誤解していました。

汐見は受精卵の取り違えのことを萌奈に話し、自分は本当に萌奈のことを愛していると告げます。

萌奈はすべてを受け入れて、父娘は仲直りを果たします。

萌奈は遺伝子上の両親に会いたいとは言いませんでした。

育ててくれた汐見からの愛情があれば十分だったのです。

萌奈は震災で亡くなった二人の兄と姉の身代わりとして育てられているような引け目を感じていましたが、汐見からの愛情を確信し、これからは亡くなった家族の分まで、汐見と幸せな時間を過ごそうと思うのでした。

逮捕された多由子は、本当の動機を話すと萌奈に出生の秘密を知られてしまうと、動機については嘘の供述をしていましたが、松宮経由で萌奈が真実を知ったこと、その真実を萌奈が素直に受け入れたことを聞き、本当のことを話します。

後日、綿貫が多由子に面会に来て、多由子の気持ちがくみ取れなかったことを詫びます。

その時、多由子は綿貫に嘘の妊娠報告をします。

綿貫はそれを信じ込み、ついに自分の子どもが育てられると喜び、多由子が刑に服している間は自分が育てると断言します。

多由子からすぐに嘘だと言われ、綿貫は混乱しますが、そんな綿貫に、「嘘でも自分の赤ちゃんを喜んでくれて嬉しい」と多由子は涙を流します。

多由子は学生時代と会社員時代に、二度の堕胎を経験していました。

産みたくても産めなかった経験から、刑に服す前に一度だけ、心から自分の妊娠を喜んでほしいと願っての嘘でした。

さよならの儀式 を読んだ読書感想

家族について考えさせられる話でした。

実の親と育ての親に関する物語はたくさんありますが、本作は血のつながりに縛られない家族の愛情を見ることができました。

東野圭吾お得意のミステリーも楽しみつつ、優しい家族愛も楽しめます。

メインキャラクターではありませんが、東野圭吾作品に共通して出てくる刑事・加賀恭一郎も登場するので、お得感のある一冊でした。

様々な要因が絡みあい、複雑な事件ではあるものの、展開が早くてとっても読みやすいのでお勧めです。

また、本作は難解なトリックは全く出てこないので、推理小説が苦手な方でも読むことができると思います。

登場人物の心情もとてもリアルで、不妊治療が一般化してきた現代人にとってはすこしホラーな内容ですが、ついついのめり込んでしまう内容です。

コメント