「祈りの幕が下りる時」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|東野圭吾

「祈りの幕が下りる時」

【ネタバレ有り】祈りの幕が下りる時 のあらすじを起承転結でネタバレ解説!

著者:東野圭吾 2013年9月に講談社から出版

祈りの幕が下りる時の主要登場人物

加賀恭一郎
加賀恭一郎シリーズの主人公。日本橋署の警察官

浅居博美
舞台演出家、脚本家、女優。

田島百合子
加賀恭一郎の実の母。加賀が幼い時に家を出て行った。

浅居忠雄(渡部俊一・越川睦夫)
博美の父親。「セブン」の客で、田島百合子が亡くなる直前の恋人。いくつかの偽名を使って、電力関係の仕事に勤めている。

祈りの幕が下りる時 の簡単なあらすじ

加賀恭一郎シリーズの最終作。ある不可解な2つの事件を追っていくと、奇妙なほどに加賀にまつわる情報が明らかになっていきます。そして、加賀が日本橋にこだわる理由や、加賀の家族にまつわる謎がついに解き明かされます。この事件の真相とは?加賀と事件の関係性は?加賀恭一郎シリーズの最後にふさわしい作品です。絡み合う謎が解明されたとき、そこに隠された真実に心が揺さぶられます。

祈りの幕が下りる時 の起承転結

【起】祈りの幕が下りる時 のあらすじ①

不可解な二つの事件

日本橋署の管轄で、2つの事件が起こります。

1つは、滋賀から上京してきた押谷道子という女性がアパートの一室で殺されていた事件。

もう1つは、新小岩駅近くの河川敷で、ホームレスの焼死体が見つかった事件です。

一見すると、つながりがないように思える二つの事件ですが、実は意外な関連があることが分かりました。

まず、2つの現場の距離が半径5キロ以内だということ。

そして、ホームレスの方は焼死体でしたが、死因を調べてみると絞殺されていて、首を絞められて殺されていた押谷道子と殺害方法も一致します。

最後に、現場の雰囲気です。

アパートもホームレスの小屋もその日暮らしをしていて、人が生活している感じがしないというところが大きな共通点でした。

この2つの事件を追っていくと、殺された押谷道子は、「ぜいたくをするため上京した」と話していたようでした。

よくよく調べてみると何か目的をもって上京していたようです。

その目的とは、実は押谷の同級生だった浅居博美に会うためだったのです。

押谷が勤める老人ホームに、身元不明の女性が入居していて、その女性の娘が浅居であると確信した押谷は、東京まで会いに来ていたのです。

【承】祈りの幕が下りる時 のあらすじ②

カレンダーと日本橋

また、調べを進めていくうちに、加賀と加賀の部下であり、いとこの松宮はいくつかの不自然な点に気が付きます。

まずは、押谷の部屋に残されていた証拠が、証拠品としてありきたりなあたかも準備されたものであること。

そして、アパートの部屋に残された謎のカレンダー。

そのカレンダーには、月ごとに日本橋にある橋の名前が書かれているのです。

さまざまな文献を調べたり、聞き込みを進めていったりしてもそのカレンダーに書かれた橋の名前と月の関連は見つかりません。

しかし、ある時、加賀の上官が口ずさんだ「時は金なり常盤橋」という言葉を聞いて、加賀が驚きます。

実は、加賀も「1月柳橋 2月浅草橋 3月左衛門橋 4月 常盤橋 5月一石橋 6月西河岸橋 7月日本橋 8月江戸橋 9月鎧橋 10月茅場橋 11月湊橋 12月豊海橋」と書かれたメモをもっていたのです。

しかもこのメモは亡くなった加賀の母親の部屋に合った荷物から見つかったカレンダーのものだということが分かりました。

押谷が殺されたアパートにあったカレンダー、そのカレンダーと同じメモをもっていた加賀、そして浅居博美、この3つに何かつながりがあるのではないかと加賀はにらみ、橋で取られた写真を徹底的に洗い出します。

そして、ついに7月の日本橋で行われた、橋洗いの写真に写る浅居博美の姿を見つけるのです。

【転】祈りの幕が下りる時 のあらすじ③

二人の秘密

様々なことが明らかになっていきますが、何か肝心なことが見えてきません。

そして、状況を整理すると、実は今回の事件のカギは加賀自身がにぎっているように思えてきました。

2つのカレンダーにあった同じメモ、仙台で母親と関係があったという亡くなった越川睦夫、そして5年前から加賀と知り合いだった、浅居博美の存在です。

これらの不自然な点を読み解いていくことで、加賀は一つの推理にたどり着きます。

もしかしたら、越川睦夫と浅居博美は親密な関係にあったのではないか、しかもそれは恋人ではなく親子だったのではないかという推理です。

この大胆な推理をきっかけに、浅居博美本人の回想によって、物語の謎はだんだんと解き明かされていきます。

浅居博美の父親、忠雄は商売をしていましたが、妻が多額の借金をつくり男といなくなってしまったことにより、借金取りから追われることになります。

ついに生活できなくなった忠雄と博美は、行くあてもなく北陸の方へ着の身着のまま夜逃げします。

そして、お金もないので公園などで寝泊まりする暮らしをしていました。

【結】祈りの幕が下りる時 のあらすじ④

4つの殺人

ある時、忠雄が突然、高級な旅館に泊まろうと言い出したのです。

そう、忠雄は自殺することを決め、最後の夜に贅沢をしようとしたのでした。

博美はそれをやめさせるため、お金を手に入れようと、近所の食堂で出会った男の所に行きますが、途中でもみ合いになりついにその男を殺してしまいます。

それを知った忠雄は、忠雄がその男になりすまし、生きていくことを決断します。

つまり、父親は自殺したことにして、博美と別々に暮らしていくという決断でした。

二人の嘘はうまくいき、手紙でのやりとりを続け、博美が夢を叶えて上京してからは、月ごとに日本橋で会う約束までできました。

しかし、そんな嘘はいつまでもうまくいきません。

嘘がばれるたびに忠雄は人を殺し、ついにはそんな人生に疲れ、自殺を試みます。

忠雄が自殺しようとしていた現場に駆け付けた博美は、自らの手で父親の命を絶ったのでした。

こうして、4人の命を奪った忠雄と博美の人生をかけた芝居は幕を閉じたのでした。

祈りの幕が下りる時 を読んだ読書感想

物語の最後に、田島百合子の加賀恭一郎への思いがつづられています。

加賀恭一郎は、この母親の思いにたどり着くために日本橋にこだわっていたのでした。

「誰かを守るためのウソ」がシリーズ全体を通してのテーマとなっている加賀恭一郎シリーズ。

読み終えた後に、これほどまで心に突き刺さってくる作品はないのではないでしょうか。

親子が懸命に生きるためについた一つの嘘が結果的に多くの人の命、最後は父親の命まで奪ってしまう本作品は、何とも言えない悲しみとその中にある愛が伝わってくる東野圭吾らしい作品だと感じます。

加賀恭一郎シリーズで謎になっていたことが全て明らかになり、スッキリすると同時に、もうこれ以上このシリーズが読めなくなるがっかり感も、ファンなら感じてしまう気がします。

コメント