「白銀ジャック」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|東野圭吾

白銀ジャック(東野圭吾)

【ネタバレ有り】白銀ジャック のあらすじを起承転結でネタバレ解説!

著者:東野圭吾 2010年10月に実業之日本社から出版

スポンサーリンク

白銀ジャックの主要登場人物

倉田(くらた)
新月高原スキー場索道部マネージャー

根津(ねづ)
新月高原スキー場パトロール隊員

藤崎(ふじさき)
新月高原スキー場女性パトロール隊員

桐林(きりばやし)
新月高原スキー場新人パトロール隊員

入江(いりえ)
昨年、スキー場で妻を亡くす

白銀ジャック の簡単なあらすじ

人質はスキー場全員。大胆不敵な犯人は、ゲレンデに爆発物を仕掛けたと脅迫する。嘘か真か知るすべを持たないスキー場関係者は、犯人の要求に答えるのか?そして一年前に起きた悲劇の事故、それを結びつける意外な接点とは。スピード感溢れるサスペンス、ここに開幕。

白銀ジャック の起承転結

【起】白銀ジャック のあらすじ①

忘れられない過去

倉田は例年通りの降雪に喜び、胸を撫で下ろします。

スキー場にとって、一番問題なのは雪が積もらないことだからです。

しかし、彼は一抹の不安が常に頭から離れません。

それは去年、新月高原スキー場で起きた事故のことです。

数年前からスキーヤーの減少に伴い、スノーボーダーが増加しているものの、若い層であるスノーボーダーのマナーを指摘する古参のスキーヤーたちも後を絶たない状態です。

その摩擦を減らすべく、新月高原スキー場ではパトロールを強化し、他のスキー場よりも厳しいといわれています。

そんな中、無茶な滑りをしたスノーボーダー二人が、北月エリアで女性に衝突し、そして亡くなりました。

犯人は未だに捕まっておらず、事故の起こった北月エリアは今も封鎖されています。

お客の安全を第一に考える彼にとっては、正に悪夢のような出来事でした。

悪夢を抱える人物はもう二人いました。

事故で妻を亡くした義之と、息子の達樹です。

息子に至っては、母親が目の前で亡くなる姿を見ているので、完全に塞ぎ込んでいます。

そんな息子を見かねた父親は、自分自身も妻を亡くしたという現実に向き合うため、息子と一緒に新月高原スキー場へとやって来ます。

そんな折、一通の脅迫文が本部室へと送られてきます。

それは、ゲレンデに爆発物を仕掛けた、というものでした。

【承】白銀ジャック のあらすじ②

人命と金額

三千万円用意しないと爆発させる、この脅迫文に対して、倉田は警察に通報するよう進言しますが、社長を含めた上層部はそれを良しとしません。

悪質な悪戯だろうと高を括っている者もいれば、警察に通報して営業停止する方が損害が大きいと言う者もいます。

結局、上層部を説得できないまま倉田は脅迫文に対処します。

事の重大さから、周りを極力混乱させない為に、倉田は根津と藤崎、そして桐林の三名だけに脅迫文を伝え、犯人が本当に爆弾を仕掛けているのかを捜索します。

犯人の情報通りの場所で雪を掘ってみると、デジタルアラームと手紙が埋まっていました。

手紙は悪戯ではないことを強調するものでした。

しかも、爆弾を仕掛けたとされる位置は、ゲレンデでも人気のコースでたくさんの人が滑っている場所でした。

お客の避難が最優先だと捉えた倉田は、再度上層部に警察の通報を進言しますが、またしても却下されてしまいます。

人命優先ではないのかと憤る倉田ですが、社長が下した判断は三千万円を用意して犯人に刺激を与えない、というスキー場の利益を優先させるものでした

【転】白銀ジャック のあらすじ③

雪上競争

倉田の頼みにより、現金の受け渡し役を了承した藤崎ですが、そんな彼女をよそに根津は犯人を見つけようと画策します。

倉田には犯人を刺激しないように釘を刺されていた根津ですが、彼はもともと正義感に厚く、不正を許せない性格です。

何よりも、一人のスキーヤーとしてスキー場に爆発物を仕掛ける悪質さに腹が立っているのです。

根津は、現金が入ったリュックを背負った藤崎と、どこで見ているか分からない犯人に気付かれないよう十分に距離を開けて、さもパトロールをしているような素振りで後をつけますが、ゲレンデの端に行く藤崎を見て、犯人がどのようにして持ち運ぶのか想像がつきません。

彼が思案に耽っていると、すでにリュックを担いでない藤崎に見つかり、独断行動を咎められます。

呆気に取られながらも根津は、藤崎がリュックを置いた場所に向かいますが、そこには何も無く、スノーボードで通ったであろう一筋のストロークが残されただけでした。

大胆不敵にも犯人は、スノーボードで犯行に及んだのです。

しかし、と根津は思わずにはいられませんでした。

ストロークが続いている場所は、コースにもなっていない難所だったからです。

根津は出し抜かれたという気持ちと、無事に取引が終わったという安堵感を抱いていると、またしても犯人からの脅迫がきていることを倉田から伝えられます。

彼は憤りを感じ、入江夫妻の事故を忘れない為の戒めとして去年のシーズンから履くことを止めていたスノーボードで、犯人を追うことを決意します。

倉田の忠告を無視することには気が引けますが、本部の上役から追ってほしいと通達があり、疑問に思いながらも大義名分ができたと自らを鼓舞し、見事に次の取引現場で犯人を捕まえます。

しかし、捕まえた根津は驚きを隠せませんでした。

相手は同じパトロール隊員である桐林だったからです。

【結】白銀ジャック のあらすじ④

進みだす時間

根津は桐林に詰問しますが、桐林は社長たちが北月エリアを爆発させるのだと必死に訴えます。

根津は困惑しながらも、北月エリアには今、特別に許可した入江親子と老人夫婦がいることを思い出します。

彼は倉田に報告し、スノーモービルで北月エリアへと向かいます。

桐林は脅迫文や現金の受け渡しは、自分と町長の息子である英也が考えたことだと倉田に話します。

事の発端は、英也が聞いた新月高原スキー場の売却計画でした。

しかし、売却するには北月エリアで起こった事故がネックとなり、かといって、林野庁の規制があるため山を完全に元通りにするには莫大な費用がかかるので、人為的に爆発をさせそれを雪崩として処理することまでも計画されていました。

それを何とか止めようとした桐林と英也は、今回の脅迫文を使って警察を動かそうとしたのです。

それを聞いた倉田は、激昂し、社長たち上層部のいる部屋へとのりこみ、すぐに爆発を止めさせるよう怒鳴ります。

北月エリアには人がいることも伝えたところで、困惑していた社長は秘書に電話を掛けますが遅かったようです。

起爆スイッチを入れたとのことでした。

倉田と藤崎がスノーモービルを飛ばしている最中、北月エリアで雪崩が起こります。

無事を祈る倉田の元にきれいなテレマーク姿の老人夫婦と、根津のスノーモービルに乗った入江義之、そして子供の達樹を抱っこしながらスノーボードを滑り降りてくる英也が集まりました。

会議室で倉田は、今回の雪崩に関する事件を当事者である入江親子や老夫婦に、売却問題などを含め隠さずに話します。

すると桐林と英也が、義之に土下座をして謝ります。

二人は去年の入江夫婦に起こった事故の加害者でした。

二人とも自首することとなります。

白銀ジャック を読んだ読書感想

白銀ジャック、タイトルに偽り無しの内容で、まさかのスキー場を人質?にした物語でした。

東野圭吾氏の著作は、これまでにも何作か読んでいますが、良い意味で相変わらずの読後感を得られました。

本書はスキー場での舞台となりますが、経営問題を絡ませてくるあたりが、さもありなんと言った具合にリアリティを生み出しています。

ある一文では、若いスノーボーダーはルールに無頓着、という言葉が出てきますが、自分はどうだろうかと思い出に耽ってみたりもしました。

本書は疾走感溢れるサスペンスなのですが、ウィンタースポーツをする人にとっては、読み終えた後に自分自身を鑑みる機会を与えてくれることと思います。

コメント