七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のあらすじ、ネタバレ、結末

ぼくは明日昨日のきみとデートする

【ネタバレ有り】ぼくは明日、昨日のきみとデートする のあらすじを起承転結で解説!

著者:七月隆文 2014年8月に宝島社から出版

スポンサーリンク

ぼくは明日、昨日のきみとデートする の簡単なあらすじ

「一目惚れしました、メールアドレス教えてください。」

京都の美術大学に通う学生、南山高寿は電車で偶然はちわせた福寿愛美に恋をする。

頭の先から爪の先まで洗練された愛美に気後れしつつも、なぜか強烈に魅かれるものがあり、熱心にアプローチを始めた。

不思議なめぐりあわせが重なり、結果として二人は交際を開始することになる。

最初のうちはお互いが想い合って、順調な交際を続けているように見えた。

しかし、デートを重ねていくうちに高寿は愛美の言動に対して、次第に違和感を覚えていくようになる。

高寿の悪い予感は的中し、愛美はとんでももなく大きな秘密を抱えていたのである。

ある日、愛美がいつも持ち歩いている古いノートの中身を高寿は目撃してしまうのであるが、なんとそこには未来の出来事が記されていたのだ。

「あなたの未来がわかるって言ったらどうする?」と愛美は真剣な眼差しで高寿に尋ねる。

愛美は高寿とはもともと別の世界に住んでおり、高寿のいる世界にいられる時間は残り僅かであるちうのだ。

愛美の告白に、驚きつつも高寿は残された数少ない愛美との時間を大切にしていくことを心に決める。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする の起承転結

【起】ぼくは明日、昨日のきみとデートする のあらすじ①

二人の出会い

京都市北部を走る叡山電鉄。

高寿は通学電車の中で運命的な出会いをする。

窓際で一人佇む少女、愛美。

高寿は今まで感じたことがないほどの激情にかられ、彼女に声をかけた。

少しの間の談笑。

これで会うのも最初で最後か、と気を落とす高寿に愛美は声をかけた。

「また会えるよ。」

その言葉通り、愛美は再び高寿の前に姿を現した。

その後も不思議なめぐりあわせによって、二人はデートを重ねていく。

高寿の前に現れる愛美は、毎回完璧といえるような格好をしていた。

なぜ、そんなに完璧なんだろう。

美しく洗練された愛美に、若干の気後れをしつつ、高寿は愛美に告白をする。

すると、愛美は涙を流した。

「私ね、すごく涙もろいの。」

嬉しいときも悲しいときも涙か出る、と続ける愛美に高寿は胸が熱くなった。

ありふれた始まりではあるが、それは二人にとって幸せな瞬間だった。

【承】ぼくは明日、昨日のきみとデートする のあらすじ②

二人の世界

二人の交際は順調であった。

高寿は愛美を友人や親に紹介し、そのたびに誇らしさを感じていた。

可愛くてよく気の利く愛美は、まさに理想の彼女といえるべき存在である。

ほかにも二人は、ほぼ毎日のようにデートに行った。

映画館、神社、仏閣。

とりあえず少しでも長く時間を共有したかったのである。

しかし何度もデートを重ねていくうちに、高寿は愛美の言動に違和感を覚えていくようになる。

ある日、愛美のいつも持ち歩いている手帳の中身を目にする。

未来の日付、未来の出来事。

高寿がまだ見ぬ未来が、そこに記されていた。

動揺する高寿に愛美は真剣な眼差しで尋ねた。

「あなたの未来がわかるって言ったらどうする?」愛美は高寿とは別の世界からきたというのである。

愛美の世界の時間は、高寿とは逆の方向に向かっており、愛美が高寿の世界にいられるのはあと十数日だというのである。

驚きつつも、高寿は愛美のことを受け入れるのであった。

【転】ぼくは明日、昨日のきみとデートする のあらすじ③

すれ違い

愛美は高寿と会うために手帳に書いている通りの行動をとってきた。

そして、高寿との別れの時までそれに従わなければならない。

仮に背くような行為をとれば、高寿と愛美は出会えなくなるかもしれないからだ。

最初のうちは面白がっていた二人であるが、次第に高寿は反発心を感じるようになる。

手帳に書いてある通りの場所に行き、決められた行動ややりとりをする。

そんなものに意味があるのか。

手帳通りの行動をとらなくともよいのではないか。

愛美に思いのたけをぶちまけるも、愛美はその考えを否定する。

二人にとって初めでの喧嘩だった。

高寿は愛美と距離を置くようになった。

【結】ぼくは明日、昨日のきみとデートする のあらすじ④

決意

愛美と距離を置く高寿ではあったが、頭の中は愛美のことでいっぱいであった。

そして、ある日ふと気づく。

愛美は、毎回自分の前に完璧な姿で現れ、そして何かある度に涙を流していた。

愛美は、自分以上に辛い思いをしていたのだ。

高寿と出会い、時間を共有していくために、愛美は手帳通りのことをやってのけた。

平気なはずがない。

初めて手をつないだ時、思いを伝え合ったとき、あれは愛美にとっては最後の瞬間であったのだから。

親密な間柄から知り合いになって、最後には知らない人のように振る舞わなければならない。

愛美の心境を考えると、高寿はいてもたっても居られなった。

そして、つらい現実を受け入れつつも、高寿は愛美と残りの時間を大切に過ごしていくことを決意するのであった。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする を読んだ読書感想

物語の最終行を読み終えた後、思わずまた冒頭から繰り返して読んでしまいました。

時間の流れが逆向きの世界からきた愛美。

冒頭に愛美と高寿が電車の中で出会うシーンがあるのですが、愛美にとってはそれが高寿と会う最期の瞬間なんだと認識したら、ものすごく切なさが残りました。

高寿の目線で物語が進行していくのですが、二度目にこの本を読むときは、このシーンで愛美はどんな心境だったのだろう、と考えながら読むとより物語を楽しむことができるでしょう。

コメント

U-NEXTで話題作が無料で読める?|小説を無料で手にいれる方法

U-NEXTといえば、動画配信サービスのイメージが強いですよね。でもそれだけではないんです。
この記事では、「U-NEXTの小説のラインナップ」や「小説を購入する方法」を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました