【正義の鎖】第1話「ヒーロー」

正義の鎖

 

「たすけて」

 

暗くて狭い物置の中で、ボクは誰に言うでもなくつぶやいた。

寒くて寒くてたまらない。

 

「生意気なガキは倉庫で反省してろ!」

そう言うと父さんはボクをここに放り込んだ。

それからもう丸1日以上たっているはずだ、
ぶたれた頬の痛みも、1月の厳しい寒さのせいで感覚がない。

ボクはただただ震えながら、許してもらえるのを待っている。

父さんはお酒を飲むといつもママを殴った。ボクがやめてって言うとボクを殴る。
それをママがかばうから僕らはいつも痣だらけだった。

きっとお酒が悪いんだ!
そう思って父さんのお酒を隠しさえしなければ……いつものように数回殴られるだけで済んだのかもしれない。

ボクがもっと強ければ、お母さんも守ってあげられるのに……

なんだか眠たくなってきた、肌を刺すようだった寒さも今はもう何も感じない。

 

ガッガタッ

 

薄れ行く意識の中で朦朧としていたら突然大きな音が響いた、

目を開けると扉が壊され真っ暗だった倉庫に光が差していた。

「あきらくん、もう大丈夫だよ。」

それが後に誘拐犯と言われる、ボクにとってはかけがえのないヒーローとの出会いだった。

コメント

U-NEXTで話題作が無料で読める?|小説を無料で手にいれる方法

U-NEXTといえば、動画配信サービスのイメージが強いですよね。でもそれだけではないんです。
この記事では、「U-NEXTの小説のラインナップ」や「小説を購入する方法」を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました