【水溜まりに浮かぶ島】第2話のあらすじ・ネタバレ

水溜まりに浮かぶ島第2話、表紙
スポンサーリンク

前話あらすじはこちら

【水溜まりに浮かぶ島】第1話のあらすじ・ネタバレ
母の帰らない日々 渚はてるてる坊主で"ひめ"と"おうじ"を...

騙された四人

外は強い雨でした。薄暗い部屋の中、中淵と黒松の二人はニュースが映るテレビ顔面を静かに見つめます。『警視庁は防犯カメラに映った現金強奪グループ 三人の顔写真を公開しました』とニュースキャスターが告げました。キャップを深く被った六月と変装した黒松、それから野面の野崎と中淵の姿が指名手配犯としてテレビに映し出されます。更には三千万円しか強奪していないはずなのに、貴金属を合わせて一億七千万円の被害があると報道されます。

中淵、黒松、六月、野崎の4人は椿の手引きで、恫道会系下部組織の金融会社を襲い、七、八千万円を騙し取る為協力します。けれど、椿の情報とは異なり襲った事務所には三千万円程しかありませんでした。話が違うと四人は椿に抗議しましたが、椿が自分の取り分を放棄し後日埋め合わせをすると約束した為その場は全員納得して解散しました。

しかしながら、犯行当日に椿が無効化したはずの監視カメラは機能し、椿以外の四人が犯人として世間に公開されていました。四人は警察と恫道会の両方に追われる身となります。椿が意図して四人を陥れたのだと考えられました。

中淵と黒松は互いを”同業者”として信頼し、協力して椿を見つけ出す事にしました。二人は六月か野崎のどちらか、あるいは両方が椿と共犯だったのだろうと見当をつけます。それから、まず六月を探し出す為、黒松が動く事になりました。

海に浮かぶ島第2話、恫道会下部組織の事務所にて

六月を見つけた黒松

黒松は間も無くして六月の居場所を突き止めます。夕方頃、黒松は六月の職場に出向き、話があると言って連れ出しました。子供のいる六月は、自分の子を母に預けてから黒松と食事に出かけます。

観覧車の見える夜景の綺麗なレストランに入りました。黒松はワイングラスを傾けながら、六月に椿を探していると本題を切り出します。黒松が六月と椿の共犯を疑って来た事は、六月にとって想定内でした。けれど黒松は六月は椿と共犯でなかったと思っていると言います。黒松は恫道会に雇われ、椿と六月を殺すよう命じられていると六月に話しました。六月は恫道会に命を狙われていると分かり、自分だって椿に騙されたのにと嘆きます。そこで黒松は提案があると言って場所を変えました。

黒松と六月がレストランを出ると、観覧車にはしゃいだ女の子が黒松にぶつかりました。それから兄と思われる男の子がすれ違いざまに謝ります。母親らしき人物も近寄って来て、二人に謝罪しました。

海に浮かぶ島第2話、黒松にぶつかる渚

観覧車を目にした黒松は、二人きりで話す為に観覧車に乗ろうと誘います。

黒松は六月に五百万円を差し出して、殺した事にするから子供と一緒に飛べと命じました。六月は何故見逃してくれるのかと驚きます。黒松は自分の目的は椿の金だからだと答えました。それから、見逃す代りに六月が持ち帰った七百五十万円の在り処と、椿と繋がった経緯を教えるよう言います。

六月は『舵(かじ)』という手配師を通じて椿の仕事を得たと言います。そして、七百五十万円を隠している駅のコインロッカーの鍵を黒松に渡しました。

観覧車の中に響く雷鳴

黒松は鍵を仕舞い込むと、六月の注意を観覧車の外に向けて後ろから首を締めました。黒松は最後に恫道会に雇われている話は嘘だった、椿含めて全員の金は自分が貰うと明かします。六月が言葉を発する間も与えず、黒松は首を捻って六月を殺害しました。

黒松が六月のカバンを漁っていると、後ろで雷が鳴り響きます。音が近いと感じた次の瞬間、雷は黒松の乗る観覧車に落ちました。

『…ちゃん、おにいちゃん…、おにいちゃん!』という声と共に、黒松は目覚めました。その様子を見て目の前の少女が無事を喜びます。

観覧車の窓に子供の兄妹が映るのが目に入りました。黒松は『ガキ共、どっから入って来やがった…』と言って初めて、窓に映っているのが自分の姿だと気がつくのでした。第3話へ続きます。

次の話のあらすじはこちら

【水溜まりに浮かぶ島】第3話のあらすじ・ネタバレ
前話あらすじはこちら 入れ替わった湊と黒松の身体 湊...

コメント